完全食品○○○!?

皆さんこんにちは!

すっかり寒くなり、冬の訪れを感じる季節となりましたね!

体調を崩しやすいこの季節、体の調子を整えるためにも栄養には気を付けたいものです。

6大栄養素をバランス良く摂取することは本当に大切

でも、毎食栄養素を意識して食事を取ることは難しいですよね…

しかし皆さんの知ってる食べ物で、完全食品と呼ばれるものが存在します。

なんと6大栄養素のうち、〈炭水化物・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラル〉の5つが含まれているのです!

なんだか分かりますか?

正解は、「チーズ」!

本日はチーズと健康についてお話ししていきます!


チーズの効果

チーズは発酵・熟成の過程を経ているため、牛乳よりも栄養素が豊富です。

カルシウムも牛乳の6倍含有されており、骨粗しょう症予防や虫歯予防に効果的です。

さらにチーズに含まれる乳酸菌酵素は、タンパク質の分解とアミノ酸の生成を手助けします。

乳酸菌と酵素の働きから、

・血糖値の上昇を防ぐ

・腸内環境を整える

・胃がんなどのリスクがあるピロリ菌を抑制する

・高血圧を改善する

などの効果が得られることが分かっています。

チーズの種類について

チーズは大まかに「ナチュラルチーズ」と「プロセスチーズ」に分かれます。

ナチュラルチーズは乳を酵素や乳酸菌を利用して固め、水分を絞って発酵・熟成させたものです。

一方プロセスチーズは、ナチュラルチーズを加熱によって溶かし形を整えたもので長期保存に向いているという特徴があります。

細かくは以下のように分かれます。

・フレッシュタイプ(リコッタ、モッツァレラ、カッテージ)

・硬質タイプ(チェダー、ゴーダ)

・超硬質タイプ(パルメザンなど)

・軟質タイプ(クリーム)

・青カビ(ゴルゴンゾーラなど)

・白カビ(カマンベール、ヌシャテル、ブルー)

さらに細分化すると、チーズはなんと1000種類にも分かれていきます。


そんな種類豊富なチーズ、実はそれぞれで成分量が大きく異なっています。

そのため適正量も種類によって違います。

食べるときは成分を確認してカロリーや塩分に注意しましょう。

食べ過ぎると、吐き気や頭痛をもたらすことがあります。

また、脂質が腸内の絨毛に詰まって体臭の原因になってしまうので注意!

チーズ×○○

以下の食べ物とチーズを一緒に食べれば体に嬉しい効果がありますよ!

・イワシ、小松菜、牡蠣、あさり【精神安定、骨粗しょう症に】

・ほうれん草、大豆、ゴマ、レバー【貧血対策】

・もやし、えのき、セロリ【便秘改善】

・レモン、ビール酵母、アスパラ【美肌】


本日はみんな大好きチーズについてお話ししました。

完全食品であるチーズを、積極的にお料理に取り入れましょう!