スロートレーニングのすすめ

皆さん、こんにちは!

新年度が始まりましたね😊

新しい生活が始まる方々も沢山いらっしゃることと思います。

そんなタイミングで、新しい事にチャレンジしてみるのも良いかもしれませんね♪

昨年度はコロナ禍で思うように運動ができなかった…というそこのあなた!

今年は運動をすることを目標にしてみてはいかがでしょうか??

そんなこと言っても運動嫌いだしなぁというそこのあなた!

スロートレーニングから始めてみることをおすすめします!

そう、今回のテーマは「スロートレーニング」です。

是非ご一読くださいね🥰


スロートレーニングとは?

スロートレーニングとは、簡単に言うと筋トレのことで、無酸素運動の一種です。

膝や関節への負担が小さくなるようにゆっくりした動きを繰り返して筋力を鍛えます。

同じようなトレーニングにヨガや太極拳がありますが、これらは有酸素運動に部類されるという違いがあります。

トレーニング方法

スロトレは、特別な器具を使わず気軽にできることが大きな特徴です。

3つの部位に分けてトレーニング方法を紹介します!

⭐️下腹

①手を後ろにつけた状態で床に体育座りする。

②かかとを床から浮かせ、3秒かけて膝を伸ばし、膝を伸ばした状態を1秒キープ、その後3秒かけて元に戻る。

③10回を1セットとし、1日3セット行う。

⭐️太もも・お尻

①手を胸の前でクロスさせ、足を肩幅に広げる。

②3秒かけてお尻を下げる。太ももと床が平行になるまで下げたら1秒キープし、3秒かけて元に戻る。

*戻した時は、膝を少し曲げた状態にする。

③10回を1セットとし、1日3セット行う。

⭐️胸筋・二の腕

①手を肩幅より広めにして四つん這いになる。つま先は床から上げた状態にする。

②3秒かけて腕を曲げ、腕立てをする。1秒止めて、3秒かけて元に戻る。

*戻した時は、腕を少し曲げた状態にして繰り返す。

③10回を1セットとし、1日3セット行う。

スロトレのポイント

スロートレーニングの効果をより感じるためには、いくつかのポイントがあります。

まず、「ゆっくりと動き続ける」ことです。ゆっくり動くことで筋肉に持続的に刺激を与えられます。

そして動き続けることで、小さな負荷でも筋肉を強くすることができます。

また、持続的に筋肉を使い続け休める時間を作らないようにするために、関節を伸ばし切らないことも大切です。

スロトレ前後はしっかりとストレッチを行い、痛みを感じたら直ちに中断するようにしましょう。


本日はスロートレーニングについてお話ししました🎤

年度はじめに体をスッキリさせて、良い1年をスタートさせましょう🏃‍♀️