発芽玄米

発芽玄米とは・・・発芽玄米は玄米をぬるま湯につけて0.5~1㎜くらい発芽したもののことをいいます。発芽することでうま味や栄養素が増します。

 発芽玄米は栄養満点!と言われていますが、どんな栄養がたっぷりなのでしょうか・・・・??

発芽玄米

玄米や白米との違いは、なんといっても「GABA(ギャバ)」といわれるアミノ酸が増加することです。

GABA(ギャバ)という名前は耳にしたこともあるかもしれませんが、じつはこの名前は略語名で、正式には「γ―アミノ酪酸」と言い、グルタミン酸から生成されるアミノ酸の一種です。

GABAは脳内に多く存在している“抑制神経伝達物質”です。脳の情報伝達は興奮性神経伝達物資である「グルタミン酸」と、そのグルタミン酸から作られる抑制性神経伝達物質である「GABA」によってバランスが保たれています。

興奮しているときは、興奮性神経伝達物質が過剰分泌しているのですが、GABAはそれを抑えてリラックさせます。そのため“抗ストレス作用”があると言われています。

また、必要に応じて脳に送る酸素の量を増やし、脳細胞を活性化する働きがあります。

そのため、

  • 意欲低下の改善

  • アルツハイマー型認知症の予防・改善

  • ボケ防止

  • 長期記憶促進作用

  • 精神安定作用

  • 抗ストレス作用

  • 抗不安作用

  • 神経を鎮める

の効用があります。

そのほかにも

  • 血圧を下げる

  • 血中コレステロールを減少させる

  • 中性脂肪を抑える などの作用がある他

  • 学習行動におよぼす好影響

  • 睡眠におよぼす好影響がみられるなど多くの研究がされています。

GABAの効果・効能により発芽玄米は栄養豊富の注目食材であります。GABA以外の栄養素だってたっぷりです!

「γ-オリザノール」

  • 更年期障害

  • 自律神経失調症などを軽減

  • 抗ストレス作用

  • 抗ステロール作用

  • 血糖値を下げる

「イノシトール(ビタミンB複合体)」

  • 脂肪の代謝を高め血液中の脂質を減少させる

  • 抗脂肪肝作用

  • 神経細胞膜に多く含まれ脳細胞に栄養補給をする。

その他にも発芽玄米には、

  • マグネシウム

  • カリウム

  • カルシウム

  • ビタミンB1 などが多く含まれています。

また、血糖値のどれくらい急上昇するかがわかるGI値が白米100%で81、白米2:発芽玄米1で68、白米1:発芽玄米2で60、発芽玄米100%で53であり、発芽玄米が多いほど、血糖値の急上昇をおさえてくれます。

このようにみても栄養価の高い発芽玄米を食べることは、健康でいるためには欠かせませんね~。ぜひみなさまも一度、発芽玄米をトライしてみましょう!