ミドリムシ

ユーグレナ
近年、通販などの広告で耳にするこの言葉。
青汁なの?サプリなの?
何なのかしら??と思いませんか
日本語にすると「 ミドリムシ 」
藻の一種である微細藻類に分類されています。

植物のように葉緑体を持ち、光合成を行いますが、
鞭毛運動する動物的性質も持っています。
植物と動物の区別が難しく、その中間に位置するといわれています。

 

バイオ燃料の原料となるのではと注目されています。
それ以外にも注目されているのが、その栄養素の豊富さです。

 

 

 

 

 

 
人間が必要とするビタミン・ミネラル・アミノ酸・カロテノイド・DHAやEPAの不飽和脂肪酸など
たくさんの栄養素を含有しています。
したがって、栄養不足に悩む国での
栄養改善に貢献できるのではないかと期待されています。
特に、ミドリムシの独自成分である
「 パラミロン 」 はきのこなどに含まれるβグルカンの一種です。
免疫力の向上、コレステロール値の上昇の抑制の他、
毒物を体外に排泄してくれるデトックス効果が注目されています。

 

さらに、ミドリムシは細胞壁はなく、
動物と同じ細胞膜のみで構成されているため
吸収率が優れているという利点があります。
通常、私たちは植物(野菜・果物)からビタミンやミネラルを摂取していますが、
植物には細胞壁があり人間はその細胞壁を分解できないため
栄養素の吸収が阻害されているのです。

このミドリムシを世界で初、食品として屋外大量培養に成功したのが
株式会社ユーグレナ、もともと東京大学発のベンチャー企業でした。
通信販売を開始した頃に、自由が丘でミドリムシのバイオオイル燃料で走る
移動販売車“ユーグレナ・ファーム号”を毎週末運営し、イメージを発信していったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

現在は、ユーグレナ社のミドリムシを培養している沖縄の石垣島でのみ、
ユーグレナカフェが展開されています。
青汁ならぬ、緑汁は、大麦若葉や明日葉にユーグレナ粉末をまぜたもので
ビタミンやミネラルだけでなくアミノ酸も豊富なものになります。

 

ちなみに食品にはミドリムシを洗浄、分離、濃縮し粉末化したものを使用しているそうですので、

安心してご利用いただけますよ!