若返りの遺伝子!?

皆さんこんにちは!

早くもゴールデンウィーク突入ですね!

久しぶりの外出制限がないゴールデンウィーク!⛱

ということで、今年はどこかにお出掛けするよ〜という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

外出が続くと、心配なのが食生活ですね…🍻

カロリーの過剰摂取は、肥満や体脂肪の問題だけではなく、長生きの鍵となる「長寿遺伝子」の活動に影響を与えることが分かっています。

本日は、食生活と「長寿遺伝子」の関係について見ていきたいと思います!

Let’s go!!


そもそも長寿遺伝子とは

長寿遺伝子とは、寿命を延ばす作用のある遺伝子のことで、現在に至るまで数種類が発見されています。🧬

この遺伝子の特徴は、飢餓状態で活発化することです。

1日のカロリーが十分である時は、長寿遺伝子は働かず体の老化は進行しています。

しかし、飢餓状態、すなわち空腹状態となってカロリーが制限されると遺伝子が働き始めます。

この遺伝子が活動し始めると、細胞内にあるエネルギーを作り出す物質が増加し、自食作用がはたらきます。

それにより、細胞の若返り、シミやシワの抑制、糖尿病や動脈硬化の予防、脂肪燃焼、活性酵素の除去などの効果が期待できちゃうんです😍

長寿遺伝子を活性化させるには

ポイントは、カロリーを摂取基準目安の30%に留めることです!

そして、食間や夜食に注意する必要もあります。🍰

食事の際に分泌されるインスリンが、長寿遺伝子の働きをオフにしてしまいます。

出来るだけ空腹な時間を作って、インスリンを分泌させないようにすると良いでしょう。⭕️

1日に必要なカロリーはどうやって計算すればいいのか!?と疑問に思ったそこのあなた!

基礎代謝基準量と年齢、身体活動レベルが分かれば簡単に知ることが出来ます!


①基礎代謝基準量×体重=1日の基礎代謝量

☆基礎代謝基準量

18〜29歳→男: 24.0   女:22.1

30〜49歳→男: 22.3   女:21.7

50〜69歳→男: 21.5   女:20.7

70歳〜→男: 21.5    女:20.7 

②基礎代謝量×身体活動レベル=1日のエネルギー量

☆身体活動レベル

[低]1.5(ほとんど座っている)

[中]1.75(主に座ってする仕事、通勤通学、買い物、軽い運動)

[高]2.00(主に立ってする仕事、ハードな活動、スポーツ)


例えば、40代女性・体重55キロ・身体活動レベル普通の人の場合、

21.7 × 55 × 1.75 = 2,088kcal となります。

ですので、30%カットした理想カロリーは1,462kcalとなります!

無理はし過ぎず、カロリーを気にできるといいですね!

特に揚げ物や丼ものなどは、それだけで1,000kcalを超えてしまうものもあります💦

1日3食にこだわらず食事を摂るのも一つの手です。

空腹を感じたらナッツを食べたり、水分をこまめに飲むようにすると、空腹が紛れてオススメです🥜


いかがでしたか?

楽しいゴールデンウィーク、ちょっとだけカロリーを気にして、健康になりましょう!

もちろん、無理は禁物ですよ!

それでは、楽しい連休を!