熱中症について

毎日暑いですね~! 
早くも八月に入りましたが、皆さんいかがお過ごしですか?
今年は全国的に梅雨明けが早く、暑い夏が長引くようです。
さらに高気圧の影響で、平年よりやや高い気温が続くと予想されています…。
コロナ対策でまだまだマスクが手放せない中での猛暑、
危険なのが熱中症!
熱中症によって命が脅かされるようなことも起こりえます。
今回はそんな熱中症の仕組み・症状・予防・応急処置について
見ていきましょう!

*仕組み 

人間の体は体温が上がっても汗や皮膚温度の上昇によって
自然に体温が外へ逃げる仕組みになっています。
しかし、高い気温や湿度・強い日差し・風通しが悪い屋内など
「環境」の要因や、
肥満・糖尿病などの病気・低栄養の状態などの
「からだ」の要因が組み合わさると、
体表から熱を放出できなくなって体温が
異常に上昇してしまうのです。
これが熱中症の状態です。 

*症状 

熱中症の状態の時は、
どのような症状が出るのでしょうか?

軽い状態では、
・立ちくらみ
・しびれ
・異常な量の発汗
・だるさ
・頭痛
・吐き気 などが挙げられます。
重度になると、
・高熱
・意識障害
・手足のけいれん が生じるようになります。

*予防 

熱中症にならないためには、
なんと言ってもこまめな水分補給が有効です。
ただし、水ばかり飲んでも良いという訳ではありません。
塩分も一緒に摂取しないと血液が薄い状態となってしまいます。
コップ一杯の水にひとつまみの水を入れる、
またはスポーツドリンクを飲むようにしましょう。
これら水分は、喉の乾きを感じていなくてもとるようにしましょう。
特に高齢者は、脱水症状が進んでいても喉の渇きを
感じにくい傾向があるため、
意識的にとることが大切です。 

*応急処置 

もしも自分や身近な人が熱中症になってしまっても、
正しく応急処置が出来れば症状の軽減につながります。
ここでは応急処置の仕方についてマスターしましょう! 

熱中症の症状が見られる時に確認することは以下の通りです。 

1,呼びかけに応えるか 

応答がなければ、すぐに救急車を呼びましょう。
応答の有無にかかわらず、応急処置をできるだけ早く開始します。
木陰など涼しいところに移動をし、
ベルトなどを緩めて氷などで体を冷やしましょう。
首や脇の下、太ももの付け根などをしっかりと冷やすと効果的です。

2,自力で水分を摂取できるか

出来なければ医療機関を受診しましょう。
出来る場合は塩分を含んだ飲み物や経口補水液などを摂取します。

3,休息によって症状が軽くなったか

症状に変化がなければ医療機関を受診しましょう。
症状の改善が見られた場合は充分に静養し、
完全に回復してから動くようにしましょう。 

いかがでしたか?
夏を楽しく過ごすために、
この記事の内容をバッチリにしちゃいましょう☆ 
みなさま素敵な夏をお過ごしくださいね!