歩くのがよいのはなぜ?

歩く歩くのがよいのはなぜ?

よく内科などで「よく歩いて下さい」「一日一万歩」など指導されることがあります。なぜ歩くことが良いのでしょう。

ヒトの足、特にへその部分より下は血液が循環するための第二の心臓と呼ばれています。心臓の血液循環だけでは実は足りません。

ヒトは歩くことにより足の筋肉を使い、ポンプの役割を果たします。血液を循環するということが大きな目的になります。

ヒトは歩くことにより、上半身・脳に2割もの血液循環を促すといわれます。血液が循環しないと栄養分や老廃物も循環しません。

ヒトが歩く大きな意味は、目に見えない体の中で起こっている状態を刺激して循環をさせるということです。ヒトの足は歩くためにあります。ぜひ使ってあげて下さい。