おいしく認知症予防

皆さん、明けましておめでとうございます。🎍

2021年のブログを見てくださりありがとうございました😀

今年もこのサイトを通じて、皆さんに健康を保つためのヒントを発信して参ります!

どうぞよろしくお願いいたします。


さてさて、今回のテーマは「認知症予防」です。

「自分は認知症なんてならないし、その予兆もないから大丈夫」とこの記事をスルーしようと思ったそこのあなた!

認知症になる危険性が高まっていることはご存じですか?

平成29年に発表された高齢者白書によると、2012年は高齢者人口のうち認知症を患っている人口が15%だったものの、2025年には20%、5人に1人となると言われています。

日本だけの問題でもありません。

世界に目を向けてみると、毎年1,000万人が新たに認知症になっています。

自分はまだまだ大丈夫と思っていても、将来認知症になってしまう可能性は大いにあるのです!

認知症の予防について見ていく前に、発症の原因について簡単に説明します。

認知症の中で最も多いアルツハイマー型は、脳の中に不要なタンパク質「アミロイドβ」が蓄積し、脳細胞が破壊されることで発症することで知られます。

つまり、このアミロイドβを排出することが出来れば認知症を予防することが出来るのですが、その鍵を握るのが「食べ物」なのです!


ここからは認知症予防に効果的な食べ物5つを紹介していきます!

①野菜・ナッツ・海藻

緑黄色野菜、大豆製品、キノコ類は効果的です。

特にブロッコリー、非加熱状態の納豆、椎茸、ごま、素焼きのアーモンド・クルミを摂取すると良いです。

わかめ、めかぶ、ひじき、もずくなどの海藻類は食物繊維が豊富で健康にも良い食材ですよ!

②魚介

魚にはDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)といった成分が含まれており、これは脳に良いとされています。

イワシやサンマ、サバなどの青魚に多く含まれている他、真鯛、ハマチ、シャケ、筋子、トロマグロ、ウナギの白焼きなどにも豊富に含まれていますよ!

ビタミンB12が含まれるアサリは記憶力の改善に役立ちます。

③鶏肉

鶏肉に豊富なイミダゾールペプチドは、脳の老化防止に役立つことが知られています。

ヘルシーな胸肉を選んだり、濃い味を避けるなど工夫をしましょう。

④オイル

オレイン酸が豊富なオリーブオイル、α­-リノレン酸が豊富なえごま油や亜麻仁油が効果的です。

オリーブオイルはサラダや料理に、えごま油と亜麻仁油は熱を加えない料理に使うと成分を壊さずに摂取できますよ!

⑤カレー

カレーに含まれるターメリック(ウコン)はクルクミンが豊富です。

ただし市販のルーは少なめなので自分で足すなど工夫が必要です。


以上5つの食材を積極的に摂取して認知症を予防しましょう!

調理法によって成分が変化してしまう食材もあるので上記をしっかりとチェックしてくださいね!

それでは今年も元気にお過ごしください🌈